ブログ ぱりてきさすのトレード日記: 長期投資大作戦

2008年08月27日

カカクコム

少し前から目をつけて、できるだけ安く仕込もうと狙っていたんだけども、本日購入。カカクコムは最近の自分の投資基準である大衆銘柄のメイン銘柄として放置したい。

今はみんな節約モードでお金を使いたくない人々でいっぱい。カカクコムはそういう人たちにとってもっとも便利なサイトだと思う。街の量販店なんかで購入するよりも、あらゆる商品を格安で購入する手助けとなる。業績ももちろん好調で、月間PVは右肩上がりで絶好調。さらに新サービスとして、テレビで取り上げられた商品をリアルタイムで紹介するサービスを始めるという。これは個人的にもうれしいサービスだし、2chの実況板あたりとリンクしてかなりの盛り上がりを見せるのではないだろうか。

チャートもこなれてきており、この糞相場のなか週足でBOを伺う展開となっていて投資妙味は大きいと判断。また僕は長期投資の際、必ずIRにどうでもよいが必ず答えられる質問(決算日はいつですか?等)をして、返事があるかをチェックするのだが、カカクコムは今までの最速で返事が来たことなども好感触。目標株価は100万円と設定。関係筋では「カカクコムは貸借銘柄ではないので、成り行き買いで3000株ほど買えば、S高に貼り付いて、みんなが幸せ」などの声も聞かれた。



現在の長期投資一覧

               基準値    現在価格  
トーセイ  8923 買い  20000     30500
松竹    9601 売り   614      598
CCC    4756 買い   650      668
カカクコム 2371 買い  323000    329000
posted by ぱりてきさす at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 長期投資大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

これ凄く便利

http://www.ullet.com/index.html

ホリエモン7855の大株主なんだね。いろんなことが調べられる。社長の持ち株の推移なんかも一目瞭然。うひゃひゃ。こりゃ四季報CDROMいらねーな。
posted by ぱりてきさす at 19:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 長期投資大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20世紀少年

もうすぐ「20世紀少年」の公開だけども、これは大惨事になると思う。そもそも3部作というのにめちゃくちゃ無理があって、例えばマトリックスのようなエポックメイキングな作品であっても、3部はすっかすかだった。20世紀少年は原作があって、いわばオチであるトモダチが誰であるかもみんな知っていて、それで3部を引っ張ることなんてできんの?常識で考えて無理だと思う。

他にも恐らく1部が上映されて、2部が上映される前に、2部の観客動員のために最速で1部をテレビで流してしまう(デスノートがそうだった)と思うんだけども、そうすることによってDVDの売り上げなんかは見込めなくなってしまうし、もし1部が誰の目にもわかる駄作だった場合、とんでもない自爆になってしまう。どうすんだろ、まじで。

東宝や日テレは「崖の上のポニョ」のヒットを全部吹っ飛ばすようなことになるんじゃないか。制作費60億を標榜しているけれども、60億も使って危ない橋を渡りすぎだろうに。とにもかくにも、作品のデキにすべてが懸かっているわけで、僕は20世紀少年はできるだけ早く劇場で見ようと思っている。
posted by ぱりてきさす at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 長期投資大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

クロスホールドヘッジ

長期投資のために四季報を購入。よくトイレで読んでます。ここ最近の自分なりのテーマは、大衆銘柄を買って高級銘柄を売るというもので、この週末にどんなもんがあるかなとずっと思案をめぐらせていました。

それで考えたのが、CCC(ツタヤ)買いの松竹売り。ツタヤは月次を見てもそこそこ好調だし、街のツタヤには人が溢れているので、いいんでないかと判断。同業のゲオなんかといろいろと比べるとツタヤに軍配を上げました。

そして、松竹は配給映画の糞っぷりには定評があって、直営館の梅田ピカデリーの閑古鳥っぷりに惚れて空売り。あと今はみんな映画を映画館で見ずにレンタルで見てるしね。映画1本1800円に対する割高感がすごくある模様。他に瑣末なことだけども、松竹の監査法人の新創のホムペの緩さに感動。近所のおいしいレストランの特集やお茶目な自己紹介文などに様々な可能性を感じて力強く空売り。

ヘッジとして同金額でのクロスホールドポジを作ったのは、地合いの影響を打ち消すため。少し前にエイブルを買っていたとき、同金額をヘッジでアパマンを空売りしようかと頭をよぎったのに、実行しなかったら超絶儲け損なったことなども教訓にしました。また、もし仮に股裂き状態になったならば、それはそのポジの明らかな設定ミスだし、気分良く損切りできるので、いいんでないかと思ったわけです。

ツタヤ 買い 650円
松竹  売り 614円

posted by ぱりてきさす at 21:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 長期投資大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。