ブログ ぱりてきさすのトレード日記: 憂国のラスプーチン

2012年10月05日

憂国のラスプーチン

なんだかバブル風味で小型好業績内需株がどれも強い。材料は特に出ていないけれども人が集まりそうな株なんかには仕掛けも入っているし、めちゃくちゃ雰囲気が良いな。ついにノロマな大人たちも小型株をつまみ出したんだろうか。欲張らずにポジションは静かにフェードアウトさせていきたいとは思っているんだけども、何事も引き際こそが難しい。

ビックコミック連載中の「憂国のラスプーチン」がべらぼうにおもしろい。外交官佐藤優原作で「うずまき」の伊藤潤二作画、「MONSTER」の長崎尚志が脚本という豪華組み合わせ。内容のどこまでがドキュメントなのかはわからないしわかりようもない。事実であるか否かとは別に読み進めて行くたびにただただ純粋に興奮が止まらない。北方領土外交の裏側が取調室という密室の中でまるで日陰干しのようにとうとうと語られて行く。動きのない話のようであるが、語られる事実たちは突拍子もなく意外性に溢れ好奇心をびんびんに刺激する。現代ホラー漫画家筆頭である伊藤潤二の絵も人間の心の闇こそがホラーであると再確認させてくれる。とにかく読んで欲しい。とにかくおもしろい。

今、現段階で単行本で5巻まで刊行されているのだけれども、5巻巻末で現状の日本は戦時下であると描いている。リスクを冒す者とリスクを冒さない者との内戦なのだと。リスクを冒さない者たちが蔓延しつつある現状こそが憂国なのであるという。まったく同意見。超絶におすすめ。




木曜+310
金曜+510

人気ブログランキングへ
posted by ぱりてきさす at 19:34| Comment(2) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全巻読みましたが本当面白いですね。
早く6巻が読みたい!



Posted by leo at 2012年10月10日 16:36
>>leoさん
本当の本当におもろいですよねw 僕も6巻首を長くしてますよ!
Posted by ぱりてきさす at 2012年10月11日 00:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/295592108

この記事へのトラックバック