ブログ ぱりてきさすのトレード日記: 勝ちを捨てる

2012年09月06日

勝ちを捨てる

後場から銀行がやたら強くて、なんだか怪しい雰囲気。リバ局面で跳ねそうなショートは利食いして、内需詰んでる系と素材は引き続き放置。内需詰んでる系はアメリカ上がって下げそうな気がするけれども如何に。

素材系の弱さがもう半端なくて、まぁそりゃ弱いのはわかるんだよ。事業が普通に考えれば詰んでしまうから。これ、ここいらの社長さんはちゃんとなにがしかの対策を打っているんだよね。打ってなかったりするから恐ろしいわ。こないだ読んだシャープの社長のインタビューとか酷いもんだよ。先見の明がないことを恥じないってどういうことなんだろ。決定権者としてスーパーくるくるパーなんじゃないかな。いわゆるリーマン社長のしょっぱさって言うのは勝ちを捨てられないことだと思うんだよね。自分を社長にしてくれた前任の社長がこしられたモノを捨てられないでしょ。その前任社長なんかは「私の履歴書」なんかでドヤ顔で自慢してるわけなんだからさ。そういうくだらねえゴミみたいな理屈で会社が運営されていて、従業員はそこにぶら下がっているとか悲劇なのか喜劇なのかわからんよね。現在進行形で詰み行くであろう素材株のリーマン社長の手腕をしかと拝見させて頂きたいものですな。

前も少し書いたけれども、この勝ちを捨てるっていうのは本当に大事なことだと思うんだよね。トレーダーとかでもそうなんだよ。勝ちを捨てられない奴は勝ちが腐敗してくるんだよ。だからどんどん勝ちは捨てなきゃいけない。そして新しい勝ちを産み出して行かなきゃいけない。そういうことができなきゃ話にならないんだよ。

+670


人気ブログランキングへ
posted by ぱりてきさす at 22:12| Comment(4) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うん、まぁシャープが陥落するのは100%電力変換効率があっても、発電できる電力の大きさを考えれば判り切ったこと。川上のポリウレタン樹脂から、シリコン・ウェーハでもサムコもとっくに撤退していることだしw 価格が1年程度で25%水準まで落ちた段階で、首絞まってます。

まぁ、ダイハードな会社だから、シャープペンシルからやり直せば済む話w 有利子負債の大きさを考えれば、もうこりゃもう1回やってもらうしかないですね。

御影なう
Posted by 通りすがり at 2012年09月07日 02:10
これまでの、目先の〜とありますが、仰ってる意味、かなりしっくりきますw
Posted by pironobu0415 at 2012年09月07日 07:36

過去のかちは、次に失敗した時の説明や理由に使われ、過去のかちの理由が思い込みを生み出す。
まさにトレーディングで、大きく勝った後の大損退場パターンだね。
Posted by yoshi at 2012年09月07日 11:47
>>通りすがりさん
退くに退けない勝負をしちゃだめですよね〜

>>pironobu0415さん
ありがとうございます^^

>>yoshiさん
予想っていうのは外れたときの受け身の取り方込みで考えなきゃいけないですよね〜
Posted by ぱりてきさす at 2012年09月07日 17:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/290636252

この記事へのトラックバック