ブログ ぱりてきさすのトレード日記: NAVER掲示板の思い出

2012年08月25日

NAVER掲示板の思い出

全体凪の状態が続くかと思ってショートを振らなかったんだけども、下げてる銘柄は結構下げているんだよね。ただ、やっぱり底堅い風味を感じるので深追いをせずに、むしろ買いポジを積み上げ中。今日は久しぶりに狙ったイベントドリブンで儲かったのと、個別の好材料に恵まれて都合良く儲かった。ボラ低めの凪相場がしばらく続くと良いなぁ。


韓国といろいろと揉めておりますが、僕はこういうときNAVER翻訳掲示板を思い出すんだよね。このNAVER翻訳掲示板というのは、今はLINEなんかを作っている韓国のNHNってところが作ったポータルサイトの中にあった掲示板なんだけれども、そこでは韓国人の韓国語が日本語に翻訳され、日本人の日本語は韓国語に翻訳されて、日本人と韓国人がリアルタイムで討論できるものだったわけ。2chみたいに板分けされていて、観光板なんかではほのぼの旅行話をしていたり、食い物板ではまったり食い物の話をしていたんだけども、歴史板ではいつも大荒れになっていたんだよ。それがめちゃくちゃおもしろかったんだよね。

結局、歴史認識ということで日本側と韓国側でそれぞれ意見がぶつかり合うんだけれども、日本側の精鋭論破軍団があまりにケンカが強すぎて、韓国側がオールタイムレイプされてるわけなのよ。日本側は一次資料であるサンフランシスコ講和条約の原本の複製や当時の日本軍の軍令のマイクロフィルム化されたものなんかを国会図書館でコピーしてきて戦うわけ。最初からレベルが違い過ぎるんだよね。その上、日本側は恐ろしく統率が取れていてさ、正当派論破厨や、ハングル読めます厨、家が国会図書館に近いです厨や草書体が読めます厨に24時間起きててネットパトロールをします厨などなど、そういう孟嘗君の食客みたいな奴らが恐るべき連帯でもって韓国人のケツを蹴り上げるわけ。たまらず韓国人は得意の火病を起こして「癇癪起きる!!」って騒ぎだしては後ろ足で大量のグロ画像を貼って逃亡するという様式醜をいつも展開していたんだよね。この掲示板は今は閉鎖されちゃって見られないんだけどさ、今こそサルベージして欲しいものだわ。あと日本の在野の一般人の教養の高さみたいなものにはちょっと感動したのを覚えているよ。

んでさ、話を続けると、野田首相は、もういっそ韓国に単身乗り込んで李明博に公開討論会を申し込んじゃえば良いと思うんだよね。気分は三島由紀夫VS東大全共闘みたいな感じでさ。「君たちがただひとこと天皇を侮辱したから私は来た」みたいに、三島オマージュ発言交えればサマになるじゃん。もちろん李明博を全論破して「癇癪起きる!!」と言わせて堂々の帰国で民主党まさかの総選挙勝利もあるんじゃないの。万が一負けたら切腹で。やるっきゃないでしょ。




前回から+190



人気ブログランキングへ
posted by ぱりてきさす at 00:29| Comment(3) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この動画みて思いました 韓国にせよ日本にせよ日本にとってどっち付かずの在日思想が一番日本にとって癌ですね 韓国が好きなら韓国に帰ればいいし日本に住んでいる以上日本を豊かにしょうと思うのが普通だし! どっち付かずだと日本経済にもマイナスですね!


Posted by 在 at 2012年08月25日 04:34
はじめまして、こんにちは。いつも読んでおります。
「日本側の精鋭論破軍団」は今も2chの特亜板にいますね。彼らのお陰で私もだいぶ勉強になりました。この日本の集団の強さは昔からいわれておりますが、最近は中国が日本人のように育成したいということで、日本式の教育をしている中国の学校の映像がありました。行進やら整列やら、中国式ラジオ体操、お遊戯などです。しかし血はかえられないので無駄な行為のように思います。
Posted by 黒蜜パイ美味しくない at 2012年08月26日 13:26
>>在さん
日本人の「和を以て貴しとなす」という部分を諸外国に上手にカモられている気がしますねぇ。

>>黒蜜パイ美味しくないさん
こんにちは〜。なんというかこういうのは教育うんぬんではなく、日本人のオタク気質が良い方向で花が開いている一例だと思うんですよねw


Posted by ぱりてきさす at 2012年08月29日 02:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288258548

この記事へのトラックバック