ブログ ぱりてきさすのトレード日記: 精鋭アホの皆さんを救ってあげたいの皆さんの勝利

2012年05月07日

精鋭アホの皆さんを救ってあげたいの皆さんの勝利

長文書くとぶっこきの法則だけはガチかよ。。。

精鋭アホの皆さんVS精鋭アホの皆さんを救ってあげたいの皆さんによる百日戦争は精鋭アホの皆さんを救ってあげたいの皆さんによる勝利となったね。巷ではこのガチャガチャ問題をサラ金返還問題なんかと同一視している人もいるようだけれども、これって20年前のビックリマン問題とまったく同じだよね。ビックリマンも社会問題化してシールの原価やレアシールの配分量が規制されてシールのスーパー陳腐化が起きてブームが完全終了してた。グリーの社長は年寄りを皆殺しする勇気がないのであれば、きちんとケツを舐めておかなきゃいけなかったんだな。ケツを舐めなきゃいけないという教訓しか導けないってどういうことだよって話だけれどもね。

僕は次なる精鋭アホの皆さんVS精鋭アホの皆さんを救ってあげたいの皆さんによる抗争が近々起きると確信している。それはニコ生を舞台に起きると思う。ニコ生はウォーホールの「誰でも15分だけ有名になれる」話を具現化した新しいツールで、承認欲求の高い人々がニコ生を使えば誰でも全世界に発信できてしまえたわけだけれども、ここまでニコ生が一般化してしまうと、ニコ生内でのヒエラルキーも生まれてしまっていると思う。メインストリームを歩けない人々にとっての逃避先として機能しなくなりつつあると思うんだよね。そうなってくるとヒエラルキーの低い人々はさらに奥に行かなくちゃいけなくなる。そのドン突きにあるのは自殺の生中継だと思う。いずれニコ生において自殺を生中継する奴が出てきてしまうと思うんだよね。自殺は連鎖性が高いので一人では済まなくなるかもしれない。そうなってくると精鋭アホの皆さんを救ってあげたいの皆さんが黙っちゃいない。ありとあらゆる方法でアホの皆さんを守ろうとしてくる。不毛な争いによってニコ生が荒野になってしまう予感があるのですが、どうなんでしょうか。あと、毎回そうなんだけれども、この構図に出てくる精鋭アホの皆さんを救ってあげたいの皆さんって、本当のところはまったく救ってあげたいとか思ってないよね。実際は救ってあげたいふりをするのが大好きな皆さんなんだよな。


-790

人気ブログランキングへ
posted by ぱりてきさす at 20:13| Comment(4) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
分かったつもりでコメント書こうと思ったけど、さっぱり分からんかったw
Posted by やす at 2012年05月07日 22:59
ニコ生の自殺中継は、もう何回かありましたよ!
Posted by aan at 2012年05月07日 23:48
ビックリマンを買うとき親を通してお金をせびらねばならなかったが、課金システムはそのフィルターがありません。アホは仕方ないってのはわかるけど、パリさんは子供は弱者で守らなければなれないって立場のお方でしたよね?
金額制限はやっと導入されるようですが、精鋭アホの皆さんの中に子供が含まれてしまってるので、パリさんは精鋭アホの皆さんを救ってあげたいの皆さんの一人だと解釈してよろしいのでしょうか?

ニコ生の話しはおもしろかったです。
Posted by う at 2012年05月08日 07:31
>>やすさん
1行だとニコ生は危なっかしいよね!です。

>>aanさん
それ狂言でなく?

>>うさん
僕はそれは親の仕事だと思うんですよね。
Posted by ぱりてきさす at 2012年05月08日 20:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/268910001

この記事へのトラックバック