ブログ ぱりてきさすのトレード日記

2009年04月30日

ボウボウ、ボウボウ

日本が休みの間にアメリカは大暴騰。またまた日本だけがはめ込まれる展開。クライスラーの破綻も株価には織り込み済みのようで、今現在ダウ先物はさらに急騰中。先物のイブニングも今9000円近辺まで上がっているもんな。来週のストレステストの結果発表とかどうなるんだろうね。GWの連休中にいろいろありすぎてポジションを取れないよ。裏目を引いたらとんでもなく損できちゃうね。

今日はシキボウ、ダイワボウのボウボウ兄弟に続いてボウと付けばなんでも上がるお祭り相場が来てた。シキボウは寄らずS高で久しぶりにめちゃくちゃうれしかったよ。そのシキボウだけども夜間で全部売り切った。賭場開帳モードでまだまだ上がる可能性はあると思うんだけども、あっ、、、夜間つええ。。。やっぱまだまだ上がるのかな。こういう取り組み銘柄はよくわからんなぁ。あちゃー、成田でインフルエンザ陽性反応ってまじか。これまだまだ続くな。しくじったくせえ。

アクセスちゃんがまたまた延期。いつまで待たせるんだよ! しかも経営者によるMBOってナメてるね。株主を騙しておいて経営者が一番得をするっておかしくないでしょうか。タワー投資顧問が拒否権発動できる株数持ってるのに、そんなナメたマネが通るのかね。これは持久戦突入か。でも、上場廃止株投資をやりだしてから投資家としての経験値は凄く上がった気がする。リスクテイカーが復活しだした現状では、もうこれまでのような上場廃止株投資は成立しないのだろうけれども。

これまで熾烈なFX勝負を繰り広げてきたスキャルピング界のコジキングこと鬱山田さんがついに破産。なんかね、こういう風に書くとクサしてるように思われるかも知れないけれども、本当に山田さんは乞食スキャをやらせれば超一流なんだよ。なのにFXでは手も足も出ずに精神崩壊。なんかさ、僕も昨日FXでぶっこいたんだけども、FXでぶっこくと本当に心が折れるのな。なにか今まで培ってきたものすべてを無残に踏みにじられる感じがするのよ。株で負けることの数倍精神的にキツいよ。これはさドラゴンボールで言うところの、悟空が到着するまでのフリーザ戦みたいなもんでさ、君たちに絶望をあげようとかそんな感じだよ。FX恐ろしい子! 

本当に手も足も出ないこの惨めな気持ちってなんだろう。小さな希望を餌にとんでもない絶望を無理矢理飲み込まされるこの感じ。株もやり始めたころはよくこんな気持ちになってたなぁ。今またもう一度お風呂で泣かなきゃいけないのかよ。つらいんだけども。


+140

FX -29500円 FX口座残高 268743円

posted by ぱりてきさす at 21:00| Comment(6) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

賭場開帳

統計的に1年間でもっとも個人投資家の売買代金が増えるのはGWの中日らしくて、盛り上がりを見せていた新興なんかはそれに対応するものだと睨んでいた。だけども不意に現れた豚インフル関連銘柄が全部持って行ってしまった気がする。新興からは資金が逃げ出し、ダイワボウとシキボウに資金が集中しだしている。全員参加のお祭りが始まり出しているけれども、資金の逃げ足も相当速そう。うまく乗れたらいいなぁ。

今日はずっと売り目線で相場を眺めていたのだけども、全然売りで入れなかった。後からチャートを見ると、どこで売っても簡単大儲け来ているんだよなぁ。反省しよっと。ダイワボウとシキボウはうまく乗れたんだけども、いかんせん枚数が少なくて儲けは少ない。これ上手な人はレバ効かせてバンバン乗っていくんだろうな。前述の通り、すでに豚インフル銘柄はGW期間限定の賭場開帳モードが始まっていると思う。がんばって儲けたいぞ。そして日経平均は支持線を割れて非常に危なっかしい状況になっている。こんな状況で連休が始まられても、持ち越しのギャンブル度が高すぎるよね。あと新興銘柄のポジは今日でだいぶ落とした。

最近不景気だなんだと言われているけど、飲食店の混み方が尋常じゃないんだけども本当に不景気なのかしら。お店に入っても入れないことがめちゃくちゃ多いですよ。今日も数件ウロチョロさせられたわ。やっぱ不景気だなんだと煽りすぎなんだよ。いつも思うんだけども、不景気煽りって一体誰が得するんですかね。いの一番に煽っていたテレビではテレビ局自体の広告収入が激減して、自分の首が絞まりだしているもんだから過度な不景気煽りは今はようやくなりを潜めたけど、それって高見の見物で不景気煽りしていたら自分の周りに火が回り出したとかそういうことでしょ。アホすぎるだろ。テレビ局はもう少し燻された方が良いと思うぞ。

また、まとめスレより
「うちの母ちゃん凄いぞ」
http://waranote.blog76.fc2.com/blog-entry-1584.html
今回もめちゃくちゃ長いけれども、おもしろいです。連休中暇なときにどうぞ。

+10

FX +2500円 FX口座残高 298243円
FXはまた新手法に取組中。その名も「三匹の子豚理論」詳細は後日。
posted by ぱりてきさす at 04:11| Comment(4) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

豚インフルエンザ

新興は局地的に強かったりするんだけども、これデイトレで取るのはかなり難しい。なんか実際問題新興にはまだリスクテイカーがいないんだと思う。大きい枚数を自分で買っちゃうと、捌くときに必ず詰んでしまうんだよな。今はまだハンカチ落としのサイクルが早すぎて、デイでは対応しきれないよ。だけどもマザ指数などは今日も陽線。新興に光が見えてきたのではなかろうか。


豚インフルエンザだけども、僕は超絶びびっているんですが、どうなんでしょうか。昨日は近所のスーパーに買い出しに出かけて、スパゲッティや缶詰やインスタントラーメンなどを購入。そしてアマゾンで安全と言われているN95マスクとヴォルビックを2ケース購入。2週間は一歩も外に出ずに済むように準備しました。すでに今回の豚インフルエンザは人から人への感染が始まっていて、簡単に収束するとは思えません。豚と人がウイルスを同時に共有してしまっているので、突然変異のさらに凶悪なインフルエンザに発展する可能性も存分にあると思います。

世界経済に与える影響ですが、これも僕は相当甚大だと思います。あまりに大きくて市場はなかなかわかりやすく折り込みに入らないでしょうが、今回の豚インフルエンザの一件で世界経済が頓挫するシナリオが出てきたのは間違いないと思います。僕はかなり世界経済にネガティブになってきました。今一番恐ろしいのは、豚の生産量世界一の中国に豚インフルエンザが拡散することだと思います。中国における豚肉は肉=豚くらいのポピュラーさであるらしいので、ここで豚インフルエンザが蔓延するようだと、大変なことになってしまいそうです。数年前のSARSどころの話ではなく、さらに今世界経済は完全に中国頼みであるのでその影響もはかり知れません。さっきからネガティブな話ばかりをしていますが、僕は本当に今回の豚インフルエンザにびびっています。超ヤバい状況になる可能性は存分にあると思っています。

世界の豚肉生産量
1. 中国 4460万トン (47.4%)
2. アメリカ 894万トン (9.5%)
3. ドイツ 412万トン (4.4%)
4. スペイン 299万トン (3.2%)
5. フランス 235万トン (2.5%)


余談だけども、テレビで今回の発生源であるメキシコの状況を放送していました。軍隊が街行く人々にマスクを配布しているんですが、人々の多くは口にだけマスクをあてがって鼻は晒しちゃってるんですよね。日常的にマスクをつける習慣というのは日本だけらしいんですが、メキシコ人は鼻と口が喉の奥でつながっていることを知らないんでしょうかw それとも鼻毛フィルターを過信しているとかそういうことなんかな。口だけマスクしている多くの一般人の映像を見てびっくりしちゃいましたよ。

GW明けに海外でインフルエンザに感染した人間が満員電車なんかでひしめく状況って相当ヤバいと思うんだけどもなぁ。インフルエンザは死ぬ病気だし子供とか障害が残っちゃう病気だから万全を期して良いと思う。いっそもう日本政府は今回のピンチを逆手にとって完全海外渡航禁止にしてGWは安全な日本で遊ぼうキャンペーンを今からでもやればいいのに。高速道路1000円と併せて内需拡大にも繋がるし、良いことづくめっぽいぞ。

+100

FXは所用に付きノートレード
posted by ぱりてきさす at 03:20| Comment(10) | TrackBack(1) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

身につけるもの、取り払うもの

少し前のウメハラの記事中島敦の名人伝に触れたのだけども、それきっかけでもう一度名人伝が読みたくなって部屋の中を探索。今現在我が家はゴミ屋敷と化しているのでどうにも見つからない。そこで青空文庫で読むことにした。ルビが邪魔でものすごく読みづらかったのだけども、なんとか読むことができた。当初の目的は達成できたのだけども、ちょいと気になったのでネットで「中島敦 名人伝」で検索。そこで出てきたのがOK Waveのこの記事。その中で回答者のghostbusterさんの回答が素晴らしくて、これは株の世界にも十分応用できるエッセンスが詰まったものだと思うので取り上げてみたいと思います。

ふつう「技を身につける」というように、わたしたちは技術の習得を、いまある自分に何かをつけ加えていく、というメタファーを使って理解します。
けれど、はたしてそうなんだろうか。
ピアノを練習して、指がどんどん軽やかに思い通りに動くようになっていく。これは何かを身に「つけ」たから?
けれど、「軽やか」ということに注目すると、いらないものを取り払ったから、と考えることもできます。

技術や知識を「身につける」系の思想に対して、技術を高めていくために「いらないものを取り払う」系の思想というのも、古来からあるのです。


これはまさに株の世界でもまったく同じことだと思う。ゼロの状態から株の勉強を始めるとなると、だいたい普通は本屋で株の本を手にとって勉強するわけです。これは完全に「身につける」系の努力だと思う。株をやっていく上でこの「身につける」系の努力は絶対にある程度は必要なのだけども、株で勝ち続けるためにはこの「身につける」系の努力だけではどうにもならない。ここがまず最初の重要なポイントで、多くの人たちは株で勝つことは「身につける」系の努力の先にある物だと捉えてしまいがちだと思う。たとえば歴史の暗記物であるならば、この「身につける」系一本でどこまでも結果がついて行くんだけども株はそうじゃないんだよ。どちらかというと株の場合は「取り払う」系の能力こそが重要なんだと思う。

じゃあ株における「取り払う」系の能力とはなんぞや、どうすれば「取り払う」系の能力を会得できるのかという話になるわけだけども、これは僕の言語化能力では到底説明できない。値打ちをこいて秘密にしているとかではけしてなくて、本当に名状できないものなんだよ。一輪車の乗り方を文章で説明したところで、それを読んだだけで次の日から一輪車に乗れる人間はいないように、この「取り払う」系の能力は体験を通じた試行錯誤の中からしか会得できないものなのだと思う。(ならやっぱり「身につける」系と同じなんじゃないのと思われるかも知れないけれども、それはやっぱり違う。どう違うかをうまく説明できないのが今の僕の限界)そして一口で試行錯誤と言うけれども、株のような無限の複雑さを持つものにおいて、その試行錯誤もまた永遠のもので、終わりなんてないんだよなぁ。

この記事は書く前から、うまくまとめきらないことを覚悟していたんだけども、そしてその気配がやはり濃厚になって来たわけだけども、がんばって続けると。。。

よく株式セミナーみたいなものあるでしょ。ああいうのって「身につける」系の中でも一番しょうもないたぐいの話(多分に偏見に満ちた僕の意見だけど大方正しいと思う)を金を取って聞かせるものに過ぎなくて、株で勝つ方法を箇条書きみたいなもんで説明できるわけがないんだよ。株の神髄がもし存在するのなら、それは虹の七色の境目の色を誰も名状できないように、あまりに感覚的でなおかつ極めて個人的(自分の眼に映る青色と他人の眼に映る青色が同じ青色であるかは証明できない)なもので他人とおいそれと言葉で共有できるようなものではないと思う。ここが「取り払う」系の習得が困難を極めるところで、他人の協力がほとんど得られない原因なんだよなぁ。そして、それが株の難しさに直結している。

こんなことを書くとまるで僕がその「取り払う」系をマスターしてるかのような口ぶりだけども、もちろんマスターしてるわけじゃないよ。でもこのベクトルの正しさには確信を持っていて、そのあたりを自分なりに研究してきたことを発表しているだけでございます。もう、強引にまとめると、「身につける」系の勉強をいくらしても、「取り払う」系の領域をマスターしなけりゃ結果はなかなか出ないと思うので、「取り払う」系を会得するにはどうすりゃいいか、みんなでそれぞれ一緒に悩もうぜっていうお話。だめだこりゃ。言いたいことの半分も説明できませんでした。しょっぱくてすいません。無念です。だけどもやっぱり名人伝のなかでも、「身につける」系の修行方法は具体的に書かれているんだけども、「取り払う」系の能力を獲得するための修行方法は伏されて書かれていないんだよね。「取り払う」という能力。たぶんこれは株に限らず多くの技術や能力の神髄がここにあるのだと思う。そして、きっと「取り払う」能力を最初から持ち合わせている人のことを俗に天才だと言うんだろうね。



余談だけど山月記で有名な中島敦の他の短編もめちゃくちゃおもろいよ。おすすめは「李陵」「悟浄出世」「弟子」。ちくま書房から出ている全集は文庫本一冊ですべて収まっているのでおすすめ。もし結核で早世していなければ司馬遷を取り上げる予定だったんだって。読みたかったなぁ。
posted by ぱりてきさす at 23:53| Comment(12) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

新興市場は●●●なんかじゃない!

朝の新興の気配はそんなに悪くなくて、寄ってからの20分ほどは急騰する局面もあった。含み益が爆発して大喜びしてたら急転直下、あっという間にプラマイゼロに。なにこれ。許せないんだけども。ふつふつと込み上げて来るものがあるんだけど。これは混じりっけなしの怒りだよ。なんかね、後先考えないポイ捨て利食いが多すぎるのよ。昨日新興をたくさん買った人たちって歴戦の手練れの人たちだと思うんだけども、新興市場をまるで●●●みたく扱うのやめてよ。愛ゼロ過ぎるよ!そんなのって悲しいことだよ!! そういう人たちの心変わりを促す意味でも、ある程度の金額を利食っていまだ新興をスイング中。きっと振り向かすのよ。

FXに規制来ちゃった
。せっかくこれからがんばるぞってとこなのによ。タイミング悪すぎるよ。つーか、もっと早くFXに手を出しておかなきゃいけなかったんだよな。投資家たるもの機を見るに敏たらんといけません。FX研究は続ける予定です。

ホリエモンの上告趣意書。これを論理的に反論できる人いるのかな。あとコメント欄を見るとみんなホリエモンを応援してるんだね。趨勢は変わったのかなぁ。ホリエモンを生理的に嫌っているような人はブログなんか読まないか。だからテレビに乗っけられちゃうのかもしれんね。

これを見てびっくりしたんだけども、この理屈って女の化粧と同じ理屈だよね。とんでもない詐欺だよ、コレは。凄すぎるだろ。

+-0

FX +-0円 FX口座残高 295743円
FXはトレードしなかったわけではなくて、同値になっちゃいました。



posted by ぱりてきさす at 18:29| Comment(5) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

FXでどうすれば勝てるか 第1回

最近本格的に始めたFXなんだけれども、連載形式でFXを自分なりに攻略していこうと思います。そんな第1回の今日は株とFXの違いとその対応について。僕のリアル知り合いの株をメインでやっているトレーダーでFXで成功している人はまだいないのだけども、それは株とFXには大きな違いがあるからではないかと当たり前なんだけれども仮説を立てて、僕が感じた株とFXの違いとその対応を少しまとめてみました。あくまでFXド素人の僕視点なので、FXのうまい人からしたら(^_^;)\(・_・) おいおいという話もあるかも知れませんが、整理するためにもまとめてみましたよ。

@需給がまったく読めない
FXは株と違って出来高や板などがないので、株のような需給判断がまったくできない。値動きが実需による力強いものなのか、ランダムウォークによるものかの区別が(僕には)一切できない。

Aとんでもないだまし値動きが多い
FXの値動きを見ていると、常軌を逸したとんでもないだましな値動きが非常に多い。これは以前、少しFXをやっていたときにめちゃくちゃ引っかかった。何度も何度も狩られて、FXに対して苦手意識を持つ原因となった。FXを攻略するには絶対に克服しなきゃいかんものだと思う。

Bスプレッドがかなり重要
株でもマネックス証券や松井証券でデイトレなんか絶対できないように、スプレッドが狭いFX会社でないと、とんでもないハンデを背負わされてしまうということが明確にわかった。スプレッドが狭いFX会社を選ぶのは完全な必要条件だと思う。


だいたい最近の研究で上の3つのことがわかってきた。んで、どういう対応を心がけたかというと、まず、だまし値動きに引っかからないために超ド短期の売買を心がけた。だまし値動きそのものを超短期トレンドとして捉えることによって、ときにはだましそのものの値動きを取りに行くことにした。そしてFXは需給がまったく読めないので、大きなトレンドで取ることを一切あきらめた。(そうすることで逆にド短期の売買が自由にできるようになった)必然細かい売買が多くなるので、スプレッドの小さいFX会社が絶対に必要になる。そこで見つけてきたのがフォレックス・トレード。ここはクリック証券の子会社ではっちゅう君と同じソフトが使えたりと超便利。このスプレッドの狭さは驚異的だと思う。僕は速攻で口座開設しました。早く使えるようになるといいな。

というわけで、ざっくりまとめるとこんな感じかしら。まだまだ始めたばかりで、経験値が圧倒的に足りないと思うのだけども、なんとなくFXで勝てそうな気がしてきたよ。いわゆるスキャルピングが得意な人はFXにチャレンジする価値はあると思う。というか株よりもうまく行くような気もする。僕も最近だんだんとFXが楽しくなってきたよ。


posted by ぱりてきさす at 18:17| Comment(8) | TrackBack(0) | FXでどうすれば勝てるか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新興、再始動

やっぱり株式市場に資金が戻ってきてる。提灯筋がめちゃくちゃ付きやすくなってきた。これは非常に素晴らしいことだと思う。そして今日からはもうすぐゴールデンウィークということで、それを意識した値動きが始まりだしたと思う。

連休中にはアメリカの金融機関のストレステストの結果が発表されるとのことで、そのストレステストの結果で市場が上がるにしても下がるにしても日本の株式市場は閉まっているわけで、受け身が取れない状況が数日続いてしまう。最近の空売りの買い戻しと思しき値動きや、今日の(アメリカの影響を受けづらい)新興銘柄の爆上げはそれを見込んだものだろう。経験則ではこの新興のお祭りはGW中までは続くんじゃないかしら。

今日は朝から新興銘柄をあちこち買いまくり。最初は半信半疑だったのだけど、粘着売りに負けずにCAがS高したあたりから強気に転換。なんでもかんでも適当に少数づつ買いまくった。銘柄集中させた方が儲かるんだけども、外れくじを引いたときにやるせなくなるので敢えての分散投資。後場に入ってもマザ指数はまったく垂れず、ACCESSの2段ロケット点火とともにさらに上へと伸びた。2時からは先物まで爆上げする始末。肝心のマザ指数の日足も準備万端の大陽線で言うことなし。明日の寄りはやや弱いかも知れないけれども、今日の新興ポジはGWまでは最悪でも引っ張りたい。いよいよ新興に資金が入ってきた。これが個人投資家が市場に本格的に戻る口火となって欲しい。

+70

FX +18495円 FX口座残高 295743円
posted by ぱりてきさす at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

嫌な予感は当たるも

昨日嫌な予感がして売ったリートだけども、中堅リートがあちこち昨夕に格下げを食らってた。これが嫌な予感の正体だったかと胸をなで下ろしていたら、今日のリートはめちゃくちゃ強かった。そもそも格付けなんざインチキペテンはめ込み以外の何物でもないもんな。ほんともう格付けとかいいから。かねてから僕一人が提案しているように、外れたら釘バット制度を早く導入しろよ。それはさておき、リートは利食い場をしくじったっぽい。ちらほらとレジやコマの合併相手の噂も出てきているし、第二ロケットの点火は近いのかも。だけども、ここから買い直すのは厳しいなぁ。

今日はシャープを粘着買い。みんなの資金が集まる元気玉式でS高まであるだろと長方形買いをしていたのだけども、どうにも伸びきらず。買い増しが祟って結局薄利で利確。しけしけ。なんなんだろ。局地的にゲリラ爆上げしているところはあるのだけども、取れるような値動きをしていない。なんか空売りしてたところがやけくそで買い戻してるとかそんな感じか。気づいてみれば主力銘柄はほとんど寄り天だもんなぁ。昨日全力で称えたコジキ系スキャルパータイプの人しか勝てない相場来てる。むー。

+5

FX -10000円
posted by ぱりてきさす at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

FX勝負

朝からすんげー嫌な予感がしていて、なんだか胸騒ぎがしたのでポジをバンバン利食い。不動産やリートはほぼ全部利食いした。ここでの利食いは押し目騙されのような気がしたのだけども、胸騒ぎを優先した。そしたら後場から結構大きくリバっているのな。ポジを縮小したことに気をよくして昼寝とかしちゃってたよ。あとユアサとか凄いですね。なんもできなかったけれども。個別株は昨日に引き続き元気な模様。でも裏を返せば、そういう状況ならデイトレをがんばれば良いわけで、大きなポジでリスクを晒す必要性ってあんましなくなってきたような。しばらくは持ち越しをしない方向でデイトレに全力投入の予定。がんばるぞっと。

スキャルピング界のコジキングこと鬱山田さん
とガチンコFX勝負をすることに。20万を原資にどこまで増やせるか勝負や。たぶん山田さんは将来FXがめちゃくちゃうまくなると思う。なんかそんな気がしてならないんだよな。ここは勝負という体裁でねんごろになっておいて、よろしくおこぼれ頂戴作戦や。というのは嘘で、最近ずっとFXを研究していて、FXにやや光明が見えてきたんだよな。FXの場合、勝てるようになるということは、無限に勝てるようになるということだから、全力を注ぐ価値のあるものだと思う。今後はこのブログでFXの収支も載せていく予定っす。負けへんで。

0421a.jpg

これは裁判員制度の辞退理由で認められそうなものだって。トレーダーWIN!

-200

FX +24000円 口座残高290448円

0421b.bmp
さっきゾロ番ゲットしたぞ。山田なんかくれ!くれくれ!
posted by ぱりてきさす at 16:28| Comment(2) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウメハラ

先物はしょっぱい値動きをしていたけれども、個別はあちこち見せ場のある値動きをしていた。なんだか買い場を厳密に取らなくても、資金が来ているところを適当に買えば、それで結構儲かってしまう相場が来ている。これは近いうちに超ドラゴン相場がやってきそう。あと今日は新興銘柄にも明確に買いが来ていた。マザ指数、日経JQ指数なんかもおもしろそうな形になってきた。これはいろんな条件が揃いつつあるんじゃないか。明日からはよりアグレッシブに売買しよっと。今はそのときだと思う。

今日、他に気になったのは、ヴェリタス銘柄が全部爆上げしていること。なんだこれ。ヴェリタスってそんなに影響力あるんかいな。それともこれはもしかすると提灯パワーが増大していることを表しているのかもしれない。少し前に言っていたクマーさんたちがついに穴倉から人里に現れだしたのかも。ここで何か一つわかりやすいきっかけが欲しいところなんだよな。最近グーグルが投資ファンドを立ち上げたそうだけども、ドワンゴみたいな万年割高株とかに敵対的TOBとかしかけてくれないかな。そのときは泣いて喜ぶよ。ここまでを夕方に書いたのだけども、アメリカさんは死亡ですか。うまいこといかないものだなぁ。。。





ウメハラがスト4世界大会で優勝したんだって。僕の格ゲーの知識は15年前で止まっているけれども、ウメハラが別次元だってことくらいはわかる。なんかウメハラは真剣勝負の中にあっても、もう勝ち負けの次元で戦っているのではなく、美しいか否かとかそんな次元で戦っている気がする。たとえるならスピードスケートとフィギュアスケートを同時にやって同時に優勝するみたいなもんか。そんな限界突破をも可能にする圧倒的能力って一体なんなんだろうね。世が世ならば、たとえばこの世界が「Gガンダム」の世界だったなら、ウメハラは全世界だって獲得しちゃいそう。そしてそんなものには興味はないよとかうそぶいたりするんだろうな。なんかもうウメハラ伝説の最後は中島敦の名人伝みたいに波動拳のコマンドさえ忘れてしまうとかそんな幕引きがいい。すべてを獲得し、すべてを忘れる。カッコ良すぎるだろ。あと、どっかでこのストーリーは見た覚えがあるなと思ったら、これってまんまアカギの最期だよね。



ウメハラの伝説の動画。世界大会決勝でこんなことができるもんですかね。


ウメハラ語録
「結果はともかく、俺が一番やっているんだろうなって思いながらやってきた。
自分と同じくらい頑張っている人とやりたくなる。だけど皆そこまで頑張らない。」 


+90


posted by ぱりてきさす at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

不自由

アメリカは続伸。なんかだんだん下値を固めて来たぞ。日経も今週は総じて陰線主体の日々の値動きだったけれども、下値を叩き売る値動きは結局見られず。高値圏でもみもみしながら調整をこなすっていうのはめちゃくちゃ強いシグナルだと思う。25日線が急角度で現在値に迫っているのも見逃せない。来週中頃から日経は明確に動き出すんじゃなかろうか。

新興不動産銘柄が反発。中でも僕がマトモ系と銘打っている、トーセイ、サンフロンティア、リサパートーナーズなんかが反撃開始の様相。もう一回全部買い直しちゃった。またうまく放置できたらいいんだけどもな。





ホリエモンを迎えての博士の異常な鼎談。前番組時代から大ファンだったこの番組が復活してめちゃくちゃうれしい。あと僕はホリエモンをずっと応援しているので、彼の主張がこういう形できちんと報道されることもうれしかったりする。なんかホリエモンを叩いている人たちの多くって突き詰めれば「気にくわない」とかそういうことで叩いている人があまりに多すぎると思うんだよな。人間だから好き嫌いで叩くのもアリだろうけれども、そこに少しでも嫉妬の感情が見え隠れするようだと、とんでもなくみっともなくなっちゃうんだよ。他人に嫉妬すると必然的に自分が惨めにならざるをえないわけで、そんな当たり前の因果を理解できない人間はいないだろうに。なのに嫉妬を繰り返すって本当に意味がないよね。きっとそういう負の無限ループを抜け出せない状況や状態のことを「不自由」だと言うのだと思う。

+30
posted by ぱりてきさす at 02:21| Comment(2) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

これほどの努力を人は運と言う

昨日の記事は昨日の夜中に書いた物なのだけども、今日の朝起きてからもう一度読み返してみて、完全に欲ボケのトリコ仕掛けモードになっていることに気がついた。もう腹をくくって、もし今日新興不動産が寄り底を拒否する値動きになったなら即利食うことを決意。果たして寄り底を拒否する値動きだったので成りで全部利食い。結果的にこれが大正解だった。他には持っているリートで値動きが鈍臭いところも利食い。1億の買い放置ポジが5000万になった。含み益も2300万から1800万を確定した。残りは日経ベータ値の極小の新興小型株ポジが大半。なんだか凄く身軽になった気分。明日からはデイに集中してトレードができそう。

最近の相場は先物の値動きがシャボシャボなんだよな。なんか全然地に足が付いていない感がする。デイトレの難易度もここに来てやや上昇しているし、相場の転換点が近づいているんだと思う。せめて頭の中ではどんな値動きにでも対応できるようにしとこっと。



これはイチローの安打タイ記録のニュース映像。僕は昔、人生で成功したいがために偉人の自伝をたくさん読むという非常に下品なことをしたんだけども、その中でも張本勲のインタビュー録はすごく感銘を受けた。張本はとんでもない境遇の中で野球を続けてきたんだけども、けして他人の同情を誘うようなマネはしないんだよな。そういう部分がめちゃくちゃカッコいい。あと、そんな不屈の男、張本勲をして王貞治に対しては一生絶対の服従を誓ったくだりのエピソードとかはもうめちゃくちゃにいい話なんだよ。ご飯何杯でもいけるよ。詳しくはwikiにたいていのエピソードが載せられているんで暇な方は御一読を。

僕の好きな張本勲名言録
「これほどの努力を人は運と言う」
「勝負は実力6、体調2、運2」

-100
posted by ぱりてきさす at 23:35| Comment(3) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうするどうなる新興不動産

朝からやることないなぁと薄ぼんやりしていたら、新興銘柄の急騰にまったく気付かず。ありゃりゃ。完全に乗り遅れた。またやることなくなっちゃって薄ぼんやりしていたら、リサがS安付けて新興不動産が崩壊。ありゃりゃ。勘弁。ケネの値動きを見ていると逃げ場があまりにありすぎて逆に逃げられなかったよ。一旦天井付けるのはわかっていたんだから、ここで売ってPTSで買い直すとかそういうことに思いを致せよ。まったく考え至らんかったわ。新興不動産を買ったのは「リバモア買い」で買ったので、売るときも「リバモア利食い」にしなきゃいけないような気がしちゃってるんだよな。それと最近では後述の妄想が脳裏をかすめて機動的に売買できなかった。株って無限に難しいよね。あと、レジとコマは昨日と今日で全部利食いしました。コマの決算に併せて新スポンサー来るんでないかと思っていたのだけれども、来なかったので。

ここからは妄想猛々しいとびっきりの妄想なんだけれども、いわゆる古き良き時代の仕手株は投資銀行の貸株売りによって成立しなくなったそうで、それがここしばらくは続いていたらしいの。でもその投資銀行は去年の夏に壊滅して、その後さらに空売り規制などが強化されることになって仕手株が育つ土壌が整いつつあるというのが僕の今の認識。んで今年の前半から、オンコなんかが仕手化すんじゃないかしらなどと一人で空騒ぎしていたんだけども、結果はうまく行かず。そしてここで満を持して出てきたのが新興不動産なんだよなぁ。好材料と悪材料が偏在していることや、個人に人気があり知名度が高いこと、十分に調整が済んでいてこなれた状態になっていたことなどなど、仕手株の素材としてぴったりの気がしております。僕はたまさか大底でたくさん仕込めたので、妄想に取り憑かれちゃってるだけっぽいのだけれども、本当のことを言うとどう利食いしたら良いものかわからなくなってきちゃった。最初は25日線割れで売ればいいやと思っていたんだけども、また多分それが結果的に一番儲かる気がするのだけれども、あーもうわからん。


昨日の記事に武者修行中さんからコメントで教えてもらってネットでも調べたのだけども、

「仮に資産・売買代金の多い特定のお客様にだけ以前のアクティブプラン手数料を再開したら、お金を戻してもらえますか?」


という電話をSBIはかけまくってるそうな。久しぶりに大爆笑。これはもう「覆水盆に返らず」のカルタの札とかにしたいよね。絵札の方は北尾が頭を抱えて「こんなの論語には書かれてなかったよ〜」って喚いている絵柄でよろしく願いたい。手数料を上げたら客は逃げるという素晴らしい前例が周知される良いきっかけになって欲しい。

-300



posted by ぱりてきさす at 02:49| Comment(4) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

近づくな

寄りから全体に違和感。なんだか穴を掘るように売られていた。酷いよ。全体寄り天風味が来てたので受け身をとるためにあちこち空売り。空売りが簡単に儲かったのは10時まででそこからは基本的にぐだぐだ。10時以降はポジの含み益が乗り出したら、先物が逆に動いて含み益が全部飛ぶとかそんなんばっかだったぞ。あと今日の先物は値動きがめちゃくちゃ軽くて値段がポンポン動いていた。なんだったんだろ。

これは岡三オンライン証券の売買代金動向。なんと3月は前月比2倍!すげえな。SBI難民を見事に救出した模様。岡三オンライン証券は顧客の要望をほんとによく聞いて改善してくれる証券会社で、岡三ネットトレーダーの改良にしろ矢継ぎ早にずんずん改良してくれるもんだからありがたい。社長がいわゆる回転売買を繰り返すセミプロのトレーダーを最重視するって明言していることも好感が持てる。あと岡三は新規口座開設者に4000円みたいなふざけたキャンペーンを張らないことも素晴らしい。だってさ、今現在アクティブにトレードしてる人間の落とした金をこれから口座を開いてトレードするかもわからない人間にバラ撒くっておかしくないか? そんなことするんだったら、今現在アクティブにトレードしている人全員に1000円キャッシュバックした方がよっぽど良いと思うんだけども。僕は結果的にそうした方がアクティブにトレードする人口は増えると思う。

話は戻って、今回のSBIの手数料改悪は、これまで一番SBIに手数料を落としていたであろう人たちを一番にパージするという義理人情ゼロのやり口だよね。それをおためごかしで手数料改善だとのたまう北尾ってとんでもない悪党だよ。僕は北尾吉孝って人物は基本的には天才だとは思ってはいる。でも彼のその天才さってのはアントニオ猪木とかと同質の物で、周りの人間を皆不幸にすることでしか成り立たない天才性なんだよ。だから現実に関わったら皆本当に碌な目にあわない。彼らは富士山と同じで遠くから眺めるものなんだと思う。近づくとゴミだらけだよ。


+50


posted by ぱりてきさす at 20:54| Comment(3) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

こっちの水は甘い

循環物色続く。日経寄与度の高そうなところはよく売られていたけれども、小型株は非常に強い展開。指数小型と大型を比べれば一目瞭然。なんだか今週はこの流れが続いて、見かけの上での日経調整をこなす展開が続きそう。他には中国が追加景気対策をするとのことで、中国関連株が終日強い展開。少し前に適当に仕込んだ6409キトーなんかが上がり始めた。ここは中国原発関連なんですぜ。最近こういう小型株があちこちで吹きまくってる。油断ならねぇぞ。

しかし、100円以下のボロ株が本当にめちゃくちゃ強い。MRPでまとめて監視しているんだけども毎日真っ赤かだよ。2003年のリバ局面の時もそうだったけれども、やっぱ相場が盛り上がるときにはボロから物色されるんだなぁ。次こそは1ドル投資法(100円以下の株を何でも適当にたくさん買うだけ)をリバ局面でやるしかないぞ。これうまくいけばめちゃくちゃ儲かる臭い。

そろそろ総楽観が来るかもと非常にナイーブになっているのだけども、そこは100年に一度の金融危機。ブログチェックをしていても一向に総楽観になる様子がない。この上げ相場はマジでのらりくらり長期化すんじゃなかろうか。僕が結構信頼していて今回の天底も見事に当ててきた堀古英司大先生も上げ相場の長期化を予想されておられた。確かに今の循環物色の流れはそうそう変わらない気がする。そしてその流れが続くほどに、新規資金の流入も起きるだろうしね。FXに浮気していた人たちの中には、今回のボロ株祭りを見て株に戻ろうかななどと迷いだしている人たちもいるんでなかろうか。旦那、株は良いですゼ。ぐひひ。


+120
posted by ぱりてきさす at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする