ブログ ぱりてきさすのトレード日記

2016年01月24日

DNAがん検査に行った話

週末に風邪で体調崩していて、じっくり寝たらようやく良くなったもんだから、ブログチェックでもしよかとツール立ち上げたら未読2500とかなっててさ、どいつもこいつもちょっと相場が反転したからってウキウキでブログ更新してんじゃねーよ。スパイする側の身にもなれよと憤りながら1年以上ぶりの更新をのこのことしますね。

年末にfreeDNA濃度検査ってのをやったのね。僕もよくわかってないんだけど、これは血液中の遊離したDNAの濃度で体の中にがんがあるかどうかを調べるものらしい。仕組みとしてはがんがあると細胞が壊れるらしくて、その壊れた細胞の中のDNAが血液中に流れ出るらしくて、その流れたDNAの濃度を調べることによってがんがあるかどうかを判断するものらしい。らしいらしいうるさいんだけどそうらしい。値段は15000円。んでさ、こないだ結果を聞きに行ったら、アウトゾーンが25ポイントなんだけれども、僕は23だったのね。おお、セフセフとか思ったんだけど、担当の女医いわく普通の人は0とかなんですよとか言うのよ。がっつりビビらせてくるのよ。生活習慣を改善しましょうとか言うんだけど、がんがあったら生活習慣もクソもないだろとかぷるぷるで話を聞いてたんだよね。

んでまぁどうしたかっていうとfreeDNA濃度検査の上位互換にマイクロアレイがん検査ってのがあって、こいつはがんがどの消化器にあるのかを特定できる血液検査なのね。値段は10万円。もうさ、そりゃその場でしてきましたよ。その結果はまだ出てないんだけどさ、こういうDNAがん検査の信頼度ってどれくらいのものなんかなと。ネットで調べてみるもまだまだ出てきたばかりの技術だからなのか、肯定派もディス派も全然見つからなくて、じゃあ泡沫なのかっていうとそうでもないみたいなんだよ。でも、僕が調べた感じではマイクロアレイの方は結構ちゃんとしてるっぽいんだよね。

このブログの読者諸兄におかれましてはうなるほどお金をお持ちの方が多いように見受けられますので、我が国の科学の進歩と調和のために一肌脱いで人柱となるのはいかがでしょうか。検討を祈る。



posted by ぱりてきさす at 20:13| Comment(6) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

今年買ってよかったものランキング 2014年版

みなさまお久しぶりです。忘れちゃいけません。年末といえばこの企画。今年買ってよかったものランキングの発表ですよ。

第三位 フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーン




一時はぱりてきショップの代名詞にもなったドルツですが、音波歯ブラシのドルツは粗大ごみなんですよね(ドルツ・ジェットウォッシャーは不朽の名品)。音波歯ブラシはフィリップス一択だよ。まずパワーが違う。海外製だけあってドルツの3倍くらいパワフルなのよ。歯がつるつるになって超気持ちいいよ。一度このパワーを味わうとドルツが貧弱に感じて磨いてる気がしないんだよね。欠点としてはパワフルすぎて飛沫が飛びやすいこと。だから僕はお風呂で磨いているよ。今だとamazonタイムセール中だから普段よりも安く買えちゃうからね。光の速さで買うべし。




第二位 ルンバ



なんでもっと早く買ってなかったのかと後悔したのがこのルンバ。家がフローリングの人はノータイムで買うしかないよ。出かけている間に部屋がピカピカになっちゃうからね。ルンバには何個かグレードがあるけれども、一番安いので良いと思う。高位機種はスケジュール管理とかができるんだけども、正直そんな機能使わないから。気に入った色の中で安いルンバを買えば良いと思うよ。あとルンバを使う副次的効果として、床にモノを置かなくなって部屋がいつも片付いた状態になるというのもあるよ。これ結構デカイ。




第一位 オーダーメイドまくら

なんと第一位はアフィなしですよ。僕の誠意と誠実さがこんなところでも見え隠れしちゃうよね。あのね、百貨店の寝具売り場なんかに行くと、いまオーダーメイドでまくらが作れちゃうのね。首の裏にへんてこな定規をあてられて首の高さを測ったりしながら自分だけの最適なまくらがつくれちゃうのだ。素材も自由自在で首の部分はそばがら、頭の部分はパイプ、両サイドはひのきだのなんだの全部選べちゃう。これで2万円前後なんだから飛びつくしかないよ。僕はオーダーメイドまくらにしてから睡眠の量的質的大緩和が起きたからね。クオリティ・オブ・ライフにバズーカ発射ですよ。みなさん今すぐ全乗っかりで全部買っちゃいましょう!




posted by ぱりてきさす at 13:32| Comment(5) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

W杯TOTO買ったよ!


じゃーん! 1600円分買いました!みんなもやりませんか?



プ 対戦カード くじ
結果 投票内容
開催日 ホーム 試合結果 アウェイ (1) (0) (2)
W 06/15 イング - イタリ 1 0
W 06/15 コート - 日本 2
W 06/17 ドイツ - ポルト 1
W 06/19 オース - オラン 0 2
W 06/19 スペイ - チリ 1
W 06/15 コロン - ギリシ 1 0
W 06/16 アルゼ - ボスニ 1
W 06/17 ガーナ - 米国 1 0
W 06/18 ブラジ - メキシ 1
W 06/18 ロシア - 韓国 1
W 06/15 ウルグ - コスタ 0 2
W 06/16 スイス - エクア 2
W 06/16 フラン - ホンジ 0
同一予想購入口数 × 1


posted by ぱりてきさす at 01:29| Comment(2) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

プロおしゃれについて

お久しぶりです。ぱりてきでございます。積もる話はあるんですが、今日の出来事をば。

個人投資家なんかは手数料自由化が起きた15年前から全世界を相手に一人で戦争ができるんだけれども、昨日LINEがスタンプを開放するっていうんで、絵描きにも全世界を相手に戦争を仕掛けるチャンスが生まれたわけなのよ。こりゃめでたいと。そしてこれからどんどんこういう時代になっていくなと。じゃあ他になにがあるかってことを布団の中で考えながらうんうん呻吟していたわけ。そんでみつけたわけよ。それはzozoのwearだと。このアプリはおしゃれさんが自分のコーディネートを紹介するアプリなんだけれども、ここにアフィリエイトを組み込めばおしゃれさんがおしゃれであることだけで全世界を相手に戦争ができてうまくいけば大儲けできてしまうじゃないかと。一応wearは調べていたんだけれども、アフィが組み込まれているかどうかがあやふやだったもんで、ネットで調べたんだけれども見つからない。どこにも書いてないわけ。仕方ないからIRに電話で聞いたのよね。これアフィもちろん組み込んでるんですよねって。そしたら組み込んでないし、今後も組み込む予定はないんだって。なにそれ。水没レベルで湿気たわ。

今までのおしゃれって趣味でしかなかったわけだけども、wear次第ではプロおしゃれという職業が新しく生まれるわけなのよ。腕に自信のあるおしゃれさんたちによるM1みたいなノリのおしゃれ天下一武道会でもF1グランプリでもなんでもいいけど、おしゃれNO1決定戦みたいなものをでっち上げてカリスマおしゃれさんが一晩で誕生したりしたらさ、すごく盛り上がって参加者とオーディエンスがぐるぐるになっておしゃれの最前線はwearにある感が出てくれば天下取れる風味があるんじゃないのって話をIRのお姉ちゃんに熱弁したんだけども、そしたら意外に反応が良かったもんだから、おたくの前澤社長に今すぐ無精髭を剃らせてチクチクしないようにしてからファンコミュの社長のケツを舐めるように言ってくださいって言ったら即電話切られたわ。この話後半嘘。


人気ブログランキングへ
posted by ぱりてきさす at 18:35| Comment(9) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

ミクシィについて

ミクシィに興味をもったのは社長が交代してから。創業社長の笠原がようやくケツを割って社長交代。この時点でミクシィって完全オワコンモードで誰もログインしてないような状況だったわけ。これっておもしろいなと。目線が下がりまくってる状態だし、ダメ元で一発なんかあたれば一気に吹っ飛びそうだなと。よく見るとミクシィは上場で手に入れた現金にまったく手を付けていないし、やれることはまだまだあるんじゃないかと。休眠アカウントだって、今は他サービスのログイン認証に活用できるでしょ。例えばzozoのサービスなんかはヤフーのアカウントやミクシィのアカウントで代理ログインができてしまうのね。ネットサービスでアカウントを作らせるまでってそこそこハードルが高いわけで、ミクシィの膨大な休眠アカウントって資産なんじゃないかなとか妄想してたわけなのよ。当時のミクシィの時価総額って200億くらいで現金が100億くらいあって、それでここまでオワコンって言われてて黒字ならどうにかなるだろってそろばんを弾いていたわけです。

そしたら、超絶糞決算に赤字転落がきちゃったのね。正直これは詰んだんじゃないか。生き埋め即身仏モードなんじゃないかとガクガクしていたんだけども、赤字発表の翌日は寄り底反転で命拾いしたんだよね。そこからしばらくはなにもなかったんだけど、こっそりリリースされたのが噂のモンスターストライクなんだよね。

このモンスト僕は即ダウロして遊んでみたんだけど、正直良く出来ているのね。なんというか、パズドラとケリ姫スイーツとモンスターハンターの良いとこ取りみたいなゲームなわけ。もしかしたら流行るんじゃねと直感で思ったんだけども、ランキングとか見ても全然盛り上がってないわけ。でもそこからじわじわ人気化しだして、最上もがってアイドルがカタリストになって少しだけブームに。相場が膠着してる中だったので短期マネーが集まって吹き上がってどうにか利食いできたよ。ごちそうさま!

みくしー.jpg

最近のおすすめグッズはコンクールF。これのamazonの評価を見てみて。みんな大絶賛でしょ。口に含むと口の中にそよ風が吹くよ。夜眠る前にこいつですすぐと朝起きたときまでずっとスッキリしてる。リステリンみたいにヒーハーにならないから、この手の商品が苦手な人にもおすすめだよ。ぜひどうぞ!



posted by ぱりてきさす at 14:11| Comment(9) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

パリ、テキサス、ピョンヤン 第4話

パリ、テキサス、ピョンヤン 第1話
パリ、テキサス、ピョンヤン 第2話
パリ、テキサス、ピョンヤン 第3話


レストランの入口は狭く、案の定真っ暗だった。ちょうど「皿」の字のような構造になっており、通りに対して直角にテーブルが並べられている。中に入ると先発バス組はすでに食事を始めていた。僕は適当に空いているテーブルに座った。大きなテーブルには細工が施されていて、なかなか高そうなのだが、テーブルクロスはビニール製で安っぽい。そのうえタバコの焦げ痕が痛々しく散らばっていた。中央には燭台があり、ホワイトアスパラ大のろうそくが備え付けられていた。女の給仕たちは僕たちの到着を待ちわびていたかのようで、マッチ片手にそれぞれのろうそくに手早く着火してゆく。暗かった部屋の半分にようやく明かりが点った。

僕のテーブルには後から、くたびれたおっさんと高校生くらいの娘を連れた母子がやってきた。二組は面識がないようで、互いに会釈しながら席に着いた。くたびれたおっさんはねずみ色のスーツに紐ネクタイをしめていて、オシャレのつもりなのだろう、ヴィーナスの横顔柄のネクタイ留めをしていた。風采はパッとせず、どこかの学校の教師のような出で立ちだ。僕の勘だが、もしかしたら本当に教師なのかも知れない。母子の方はことあるごとに二人でひそひそ話をしており、なんだか感じが悪い。顔は瓜二つで、娘の髪にパーマを当てて老けさせたならそのまま母親の顔になるかのようだ。給仕たちがビールをテーブルに運び出した。娘の前には烏龍茶が用意されている。金男と金女が挨拶とともに乾杯の音頭を取った。

北朝鮮製のビールの味だが、僕にはよくわからなかった。周りの人たちの意見を聞くとそこそこイケるらしい。だけども皆、ビールの温度には不平を言っている。確かにぬるいのだ。ビール瓶からはすでに汗が噴き出している。次々と料理が運ばれてきた。ナムルやキムチなどの朝鮮料理だ。味付けはマイルドで日本人の僕の口にも合ったが、さりとて特筆すべきものでもなかった。この後、様々な朝鮮料理を各地で食べるのだが、それらは本当に美味だった。なので、僕のこのレストランでの食事の印象は極めて希薄になっている

食事も峠を過ぎて後はデザートが運ばれてくるかどうかという頃合いになっていた。僕の目の前のおっさんは手酌でビールをガバガバと飲んでいる。すでに4本目だ。顔も赤らけて、目は座りだしている。そしてめんどくさくなりそうオーラを目一杯に放ちだしている。僕は子供の頃、そこそこのマッドシティで暮らしていたが、一度もカツアゲに遭ったことはない。危険察知能力が高いのだ。だからこそわかる。いま目の前にいるこのおっさんは極めて危険だ。僕はすかさずビール瓶の朝鮮語で書かれたラベルを読むふりをしだして牽制した。僕に話しかけるなという結界を張ったのだ。おっさんに僕の結界は破れない。標的を娘一本に絞ったのだろう。さっきからそわそわと娘の様子を確認している。おっさんは母親とのひそひそ話の間隙を突いた。群れから遅れたガゼルに飛びかかるライオンのようだ。

「君は学生のようだが、なんのために勉強しているのかな?」

ほら、始まったぞ。親戚の集まりとかにこういうおっさんっているんだよな。関わると損しかしないめんどくさいおっさんが。娘よ。悪かったな。僕が結界を張ったばかりに君を犠牲にしてしまって。大丈夫だよ。せめてもの情けだ。僕はこうしていましばらくラベルを読んでいるふりをしようじゃないか。聞こえていないふりをしよう。その間に目一杯グズグズな対応をしたまえ。なんてことを考えていた次の瞬間だ。

「はい。わたくしはいずれは妻として、やがては母として偉大なる朝鮮民族の血脈を子々孫々に繋ぐべく日々勉強をしているのであります!」(マイルドに要約)

なんと即興で演説をブチ始めたのだ。手に持つビール瓶が滑り落ちそうになる。どういうリアクションを取って良いのか皆目見当がつかない。周りの人間がリアクションできない行動というのは暴力に似ていると思った。なんならこの場で鼻くそをほじくって美味しそうに食べてくれた方がずっとありがたいのだ。おっさんを見ると腕を組みながらうんうんと唸っている。娘はドヤ顔満開だ。母親も娘をトレースしたかのようなドヤ盛りだ。

ああ、ため息とともに僕はこのときすべてを悟ったのだ。ため息には悟るまでに時間がかかりすぎた後悔が溶け出している。僕はいま王化の届かぬ未開の地で狂信的異民族たちに取り囲まれている。北朝鮮に旅行にきていたつもりだったのだが、ソフトな捕虜になりつつあるのだ(日本人拉致が発覚したのはこの三ヶ月後のことである)。これからの行動すべてに本気の判断を下していかないと危ういと僕の危険察知能力が訴えかけてくる。頭の中をいろいろな感情が駆け巡り制御ができない。言葉に紡ごうとすれども、まとまる前にほどけていく。視界もだんだんと狭くなっていくかのようだ。ふとテーブルの上を見遣ると燭台のろうそくは醜く溶け出してしまっている。だが、それでもその炎は闇に抗わんと静かに震えていたのだった。

第二部完 第三部に続く。





人気ブログランキングへ
posted by ぱりてきさす at 00:07| Comment(10) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

パリ、テキサス、ピョンヤン 第3話

パリ、テキサス、ピョンヤン 第1話
パリ、テキサス、ピョンヤン 第2話

僕らは二台のバスに分乗してこれからピョンヤン市街のレストランへ向かうという。空港からピョンヤン市街へは40分弱かかるそうだ。バスはなだらかな丘陵地帯を切り開いた緩いカーブが続く道路を100キロ超の猛スピードで疾走する。街灯は相変らず一つもなく、バスのヘッドライトだけが闇を切り裂いていく。周囲を見渡しても人が住んでいる気配はなにもない。そんななかでのことだ。なんと前方に人影が見えた。真っ暗闇の中、男がランニングシャツに短パンを履いてジョギングをしているではないか。先行する一台目のバスが猛スピードで男を追い抜く。すると男はバスは一台だと思い込んだのか、後ろを振り返ることなく道路を横断しようとしだしたのだ。直感的にわかった。この瞬間にもう衝突は避けられなかった。バスはクラクションとともに回避行動を取るが、このスピードではどうしようもない。ちょうど僕の座席横あたりからドンッと大きな音がした。男をはね飛ばしてしまったのだ。

バスはようやく停車した。金男が運転手に朝鮮語でなにやら詰め寄っている。運転手は明らかに動揺している。金女は顔面蒼白だ。しばらく金男と運転手のやりとりが続いたあと、運転手はおもむろに懐中電灯を取り出した。金男と二人で様子を見に行くようだ。金男が僕たちに「このままここで待っていてくだサイ」と言い残すとドアを開けて出て行ってしまった。僕はフロントガラス越しに一部始終を見てしまっているのだが、後部座席のほとんどの人たちはこの事故に気付いていない。たぬきやキツネを轢いたくらいにしか考えていないだろう。人の気配が全くないこんな場所をジョギングしている男がいるだなんて普通は思わない。僕はバスの通路沿いに事故現場の様子を窺ってみたが、真っ暗闇でなにもわからなかった。どれほど時間が過ぎただろうか。窓ガラスには小さな蛾が光に吸い寄せられて貼り付きだしている。金男と運転手が二人だけで戻ってきた。僕は怪我をしたであろう男を抱えて連れてくるものだと思っていた。病院に運ぶのだとばかり思っていた。なんと二人だけで帰ってきたのだ。金男はおもむろに僕たちの方に振り返ると「ハイ、ダイジョウブデース」と軽く言い放って席に着こうとした。そのとき僕と目があった。思わず目を逸らしてしまった。運転手は遅れを取り戻すかのようにまたアクセルを踏み込んだ。絶対に「ダイジョウブデース」なわけがないにもかかわらず。

気持ちの整理が終わる間もなく、金男がなにやら自分のカバンからスーパーの袋を取り出してガサゴソとしている。「皆さんこれからパスポートの回収をしマスね」そう言い出すと、僕たちのパスポートを一人ずつ取り上げて行くではないか。手前に座っている僕は一番最初に取り上げられた。「残念なことに我が国と日本は国交がありまセン。パスポートを紛失してしまうと、再発行できないので大変デスね。私たちがきちんと保管しておきマス」とのこと。なるほど。こうやって偽造パスポート作成の原資にするのだろう。さっきの事件のすぐ後だ。僕のこの男たちに対する信用などとうに霧散している。金男はバスの後部まで回収に行き、戻って来た。袋をよく見ると、見慣れたえんじ色や藍色以外のパスポートが大量に含まれている。このときは特に気にも留めなかったのだが、後々どういうことなのかに気付くことになる。

ふと窓を見ると、貼り付いていた小さな蛾たちは吹き飛ばされており、代わりに市街地の風景が広がっていた。コンクリート打ちっ放しの集合住宅がちらほらと見えてきた。バスも初めての交差点で停車する。見ると20代前半の制服を着た女性が真っ暗闇の中を手旗信号で交通整理をしている。この様子だけでもかなり異様なのだが、笛を吹きながら慣れた手つきで往来の自動車をさばいている。この先の交差点のすべてにこの女子挺身信号隊(勝手に命名)が立っており、何人かをやり過ごしたあとに目的地であるレストランに到着した。駐車場には男をはね飛ばさなかったバスがすでに駐車されていた。金男は「少し遅くなりましたが、レストランに到着しまシタ。お待ちどうさまデス」と挨拶をしている。僕は二列目に座っていたこともあり、ドアが開くと同時に飛び出して、バスの自分が座っていた側面に回り込んだ。あの事故の形跡が残っていないか見てみたかったのだ。凹みや血痕がないかを目を凝らして探してみる。だけども真っ暗闇でよく目が見えないのだ。「ギブミー肝油」と小さく何度もつぶやきながら必死に探す。そのときだ。僕の肩に節くれ立った手がかけられた。そして「どうしたんですかパリテキさん。レストランの入り口はそっちではないデスよ」ヤバイ。金男だ。しかも、すでに僕の顔と名前を一致させてやがる。パスポートのときか?名簿の読み上げのときか?いや、今はそんなことはどうでもいい。どうにか誤魔化さなくては。「ああ、いや。キャビネットから荷物を取り出そうと思いまして・・・」 どうだうまく誤魔化せただろ。「何か貴重品デスか?ホテルに着いてからではだめデスか」「ああ、そうですね。ホテルに着いてからでも問題ないです」と続ける。僕はきびすを返すと、金男と目を合わせないようにレストランの入口へと向かった。振り返って金男の様子を窺いたかったのだが、怖くてできなかった。肩には節くれ立った奴の手の感触がまだ残っている。僕は肩掛けカバンのベルトをあてがうことでその感触をもみ消すのだった。






人気ブログランキングへ
posted by ぱりてきさす at 19:38| Comment(5) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

パリ、テキサス、ピョンヤン 第2話

一年半ぶりの北朝鮮話の続きを書いたよ。これいろいろ怖いからあんまり書きたくないんだけども、カレンダーのためだから仕方がないよね。こいつはSQ日やアメリカの休日なんかも載っていて超絶便利だよ。みんなもぱりてきショップで今年もカレンダーを買っちゃおうね!

これが第1話ね。
パリ、テキサス、ピョンヤン 第1話



ボロボロの飛行機は多少揺れながらも無事にロシアの大地に着陸した。アナウンスに従い順番にタラップを降りていく。初夏にしてはひんやりとした風がほほをなでる。その感覚がなんともロシアっぽくてよく覚えている。空港のターミナルへは徒歩での移動だ。荷物を抱えて列をなして移動した。僕らはこの乗ってきた飛行機でピョンヤンまで向かうのだが、ウラジオストックで機体の整備と給油をするらしい。一時間ほどの待機を命じられた。待合室は二階にあり、窓は大きなガラス張りになっている。防風林が見渡す限りに広がり、太陽は色づき始めていた。もうしばらくすると大地に飲み込まれてしまうのだろう。僕は景色を眺めながらぼんやりと時間を殺していた。ときどき壁に備え付けられた日本ではもうあまり見かけないパタパタ式の案内板が狂ったように動きだす。僕は景色に見飽きた後はおもしろがってパタパタをずっと凝視していた。しばらくするとピョンヤン行きの便の再搭乗が始まった。外に出るとさっきよりも気温はぐっと下がっており、駆け込むように飛行機に乗り込んだ。アトピーの女の子はもういない。無事にシベリア鉄道に乗れたのだろうか。白熊に襲われないことを祈るばかりだ。飛行機は相変らずガタガタと音を立てながら北朝鮮目指して飛び立った。

北朝鮮上空に辿り着いたときにはすでに陽は沈んでいた。ピョンヤン空港の誘導灯がちゃんとともっていて安心する。それと同時に空港以外に明かりがまったくないことに不安が募る。飛行機は今回も無事に着陸してくれた。窓から外を眺めると、滑走路の脇に北朝鮮空軍の戦闘機が一列に並べられていた。張りぼてみたいなショボい機体だ。エースコンバットで最初に乗せられる戦闘機よりもショボいんじゃないだろうか。飛行機がターミナルに横付けされると、ライトに照らされている金日成の肖像画が真正面から見えた。テレビでよく見かけるピョンヤン空港のシンボルだ。

僕らはまた徒歩でターミナルまで移動した。北朝鮮の空港職員は軍人がやっているようで、いかめしい軍服を着たいかつい青年たちが僕らのパスポートを手分けしてチェックして行く。一通り手続きが終わると、一同はロビーのようなところに集められて、名簿を読み上げられる形で二班に分けられた。名簿を読んでいた男女が自己紹介を始める。「ようこそ北朝鮮へ。長旅ご苦労さまでした。私はガイドの金と言いマス。隣の彼女も金と言いマス。」二人とも同じ名字でややこしいことこのうえない。この「金男」はおよそ45歳くらいなのだが、肝臓が悪いのか妙に顔が赤黒い。日本語も流暢でキビキビと「金女」に指示を与えている。おそらくベテランガイドなのだろう。顔はサラ金王の杉山会長に似ていた。金女の方は25歳ほどで日本語はやや下手くそだ。色白で肌の質感が良いことから容姿は幾分か底上げされている。まだ新人のようで金男の指示に従うばかりで、自発的な行動は一切していない。金男はこれからの予定を手短かに伝えると、空港外のバス乗り場に引率しだした。

空港を一歩外に出るとなんの明かりもない漆黒の闇夜だ。見渡す限り街灯はどこにもなく、ロビーから漏れ出す明かりだけがアスファルトをデニム色にしていた。バス乗り場に着くと二台の観光バスが横腹の荷物キャビネットを開けて出迎えていた。運転手らしき男が僕らの荷物を手際よく押し込んでいく。僕はバスに最後に乗車した。一番前に座って景色をよく見たいからだ。目論見通りに一番前に座っていると、後から乗ってきた金男が申し訳なさそうに「そこは私たちが座りマス」と言ってきた。仕方なしに一つ後ろの席に移動する。それでもフロントガラス越しに景色がバッチリ見える良席だ。気を良くしていたのだが、後にこのスケベ心が見なくても良い物を僕にまざまざと見せつけてしまうのであった。






人気ブログランキングへ
posted by ぱりてきさす at 21:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

ピーピー

参院選は自民が圧勝で共産が躍進とサプライズなしで終わって波乱ゼロだったね。ここからの注目は秋の内閣改造で麻生太郎が飛ばされるかどうかじゃないかな。麻生さんは財務省寄りの発言をガチでなのかブラフでなのかわからないけれども、ずっとしているんだよね。次の内閣改造は安倍総理の本気組閣になるはずなので、その組閣を見れば安倍総理がガチなのかヤオなのかの見分けが付くんじゃないかな。麻生さんは外務大臣あたりが適任な気がするけどね。

しっかし、ワタミの社長って本当に人気がないのね。みんなブラックブラック言ってさ、ワタミの社長をディスるけど、僕はこれからの20年で一番コモディティ化が進むのは「人間」だと思っているんで、ワタミ的ブラックにピーピー言っている人を見ると、こんなの序章でしょって思っちゃうんだよな。別に脅すわけじゃないんだけども、この人間がコモディティ化していく(人間を分け隔ててしまう)社会ってかなり恐ろしい社会で、僕の予想では回避することはかなり厳しいはずなんで、それぞれ自分自身がコモディティ側に落っこちないように対応するしかないと思うんだよね。でもこの変化はかなり大きな変化だから、目端を利かせればいろんなチャンスが転がっているはずなんだよ。少し前の記事にも書いたけどさ、変化に際していかにポールポジションを取るかだと思うよ。

出涸らしの話をすると、僕は去年から人間すらもコモディティ化していくような社会の中で最後までコモディティ化しないものとはなんだろうってずっと考えててさ、一つのアイディアとしてそれは物流だと判断したのね。物流は土地というアナログなところが急所でコモディティウイルスであるインターネットにもロボットにも犯されることもなく、大都市近郊で即日宅配可能な物流拠点は狭い日本では限定されているわけ。その証拠にアベノミクスが始まる前の12年段階から物流拠点だけは賃料がすでに上がりだしていたんだよね。そんなアンチコモディティな物流REITの利回りが6%後半とかジューシー過ぎるだろってことで大量に買ったわけ。それでかなり儲かった。今はもう利食って持ってないけどね。僕は今も別のアイディアで人間がコモディティ化していく社会が福音になるであろう銘柄に投資しているよ。この大きな変化を取るために。ピーピー嘆くのは勝ち取ったあとでもきっと間に合う。


人気ブログランキングへ
posted by ぱりてきさす at 22:59| Comment(6) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

修羅力

久しぶりに相場の話をば。もうすぐ参院選だけども、これは自民党の圧勝で確定だよね。共産党が比例で伸びて調子こくところまでは既定路線だと思う。んで参院選後、衆参のねじれが解消してなんでもできる状態になるわけだけども、僕は安倍総理は日和らずに一番難易度が高いであろう法人税減税をやると思う。最近の安倍総理の顔つきを見ていると、以前とは別の顔つきになっているんだよね。なんつーか、カチコミに行く晩にサラシをクイクイ巻いているときの鶴田浩二みたいな顔つきになってるんだよな。修羅力の高まりを感じる。あれは覚悟を決めた男の顔だよ。

消費税を上げて法人税を下げるっていうのは政治的に難易度がかなり高いのは間違いないと思うんだよね。貧乏人の味方ヅラして、その実は貧乏人を増やす政策を声高に叫んでいるような一番アホな人たちがピーピー騒ぐじゃん。そういう人たちのお命頂戴するんじゃないかな。法人税減税は外人に一番受けが良い政策であることも間違いないので、法人税減税が具体化しだすとともに相場も次のステージに進むと思う。現状、アメリカと日本は世界の市場の中でラストリゾート化しているわけで、ここら辺の加速感と法人税減税ドライブがどういう形で結びつくかを注視しながら僕はポジ取りをしていく予定だよ。もし法人税減税が到来したなら、ある業種がフューチャー全開になるはずなんだよなぁ。

少し前にツイッターでも騒いでいたけど専業投資家ってクレカの審査に落ちまくるんだよね。だから、これから専業になろうかとか思ってる人はクレカを有職の状態で絶対に作っておいたほうが良いよ。超絶不便だから。でも、こないだREXカードって言うカカクコムが出しているカードは職業欄投資家でも作れたんだよね。このカードは還元率が1.75%の単純キャッシュバックされるんでかなりイケてると思う。僕は公共料金や通信費引き落としを全部こいつにやらせることにしたよ。






posted by ぱりてきさす at 00:46| Comment(5) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

したらばは俺のもの

株の話をしろってもんでしょうが、今どうしても伝えたいことがあるんです。それは「したらば」が美味すぎるということ。みなさんしたらばって知ってます? いわゆるカニかまなんですけど、これはもうカニかまじゃないんです。カニかまがカニかまであってカニかまでないのなら、カニかまはカニかま以外のすべてなわけなんです。したらばは宇宙を内包しちゃってるんです。したらばこそが宇宙なんです。なんだそれは。無駄にハードルを上げやがって。と思われるかも知れませんがまったく問題ありません。したらばはどんなハードルも跳び越えてきますから。騙されたと思ってしたらばを一度食べてみてください。

僕はね、したらばの権利を買いたいくらいなんですよね。権利を買ってしたらばが一個売れることに10円もらえるみたいな契約をしたいんですよ。したらばってまだまだ全然メジャーじゃないでしょ。僕のまわりでもしたらばのことを知っていた人はほとんどいなかったわけなんです。これはとんでもない可能性を秘めてますよ。したらばは今後絶対にブレイクすると確信していますよ。相場に生きる人間として絶対という言葉を使うときには、いつもある種の躊躇が芽生える僕だけれども、したらばには絶対という言葉を躊躇なく使えてしまうんです。したらばは絶対にブレイクする。僕の舌と僕の先見の明がしたらばにはオールグリーンなんだよ。今日をもってしたらばが今後大ブレイクすることを予言しておくからね。これからのしたらばのブレイクは全部僕の手柄ということで。よろしく。

したらばリンク
http://www.kibun.co.jp/product/vol10/lineup.html

僕のおすすめは明太マヨしたらばとからしマヨしたらば。
posted by ぱりてきさす at 22:53| Comment(9) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

ビン底メガネ野郎

アベノミクス花盛りで景気の良い話があちこちから聞こえてくるけど、アベノミクスってつまるところリスクを取らない者からリスクを取る者への資本移転推進策なんだろね(これレバ礼賛みたいな話じゃないからね)。規制緩和による下克上容認との相乗効果でおもしろい世の中になってくる素地はできだしているんじゃないかな。

それで思い出したんだけど、なんつーかさ、成功者には一つのパターンみたいなものがあって、世の中が変化していく局面というのは「秩序→カオス→新秩序」って変化していくと思うんだけど、秩序が崩壊してカオス状態のときに次の新しい秩序を予想してその新秩序においてどうすればポールポジションを取ることができるかということをみんな真剣に考えているんだよね。戦国武将も戦後のヤクザも全部これなんだよな。この感覚は株式投資にもめちゃくちゃ活きると思うので参考までに。

いろいろスパイ活動をしているとこの相場に乗れなくて焦っている人も多いみたいだけども、焦る必要なんかないよ。僕も前回の小泉バブルのときに自分はまったく乗れないのに周りの人間がクソ儲けしているのを見て毎日お風呂で泣いていたんだけども、そのときの悔しさがあればこそ、その後の糞相場でもがんばり続けられたんだよね。小泉バブルの時に上手に乗ることはできなかったけれども、そのときの熱狂相場を経験していたからこそ、今回の相場に上手く対応できているのだと思う。いわば10年越しの勝利なんだよ。大切なことは腐らずに続けること。相場におけるめんどくさいこと、辛いこと、苦しいこと、そういうことを全部引き受けること。ほとんどすべての人間はこれを続けられないんだよ。目先のことしか見えないド近眼のビン底メガネ野郎ばかりなんだって。だからこそ、続けるだけでほとんどの人間をごぼう抜きにできちゃうんだよ。これこそが不朽の投資手法なんだと思うよ。なんだかしみったれた話になっちゃったけど、株はどこまでも辛いんだって。


人気ブログランキングへ

posted by ぱりてきさす at 23:54| Comment(29) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

新連合艦隊

週末は新日銀相場に対応するために株研究漬け。ナンバーワン銀行とナンバーワン証券を買って上場しているすべてのリース会社をショットガン買い。そして余ったすべてのお金でNTT本体を買うという我ながら不思議な新連合艦隊ができちゃったよ。それぞれちゃんと理屈があるんだけども、披瀝はしません。おのがじし自分の頭で考えて玉を張りましょう。

よくアベノミクスは庶民には何もメリットがないとか言っている人たちがいるけど、庶民の言葉の定義ってなんなんだろうね。新聞を読んでいれば株が上がる蓋然性が高いことくらいはわかりそうなものだけども、庶民とは新聞すら読まない人たちのことを言うんですかね。それは庶民ではなくバカなんじゃないでしょうか。これこの相場で儲かっていない人たちをバカにしているわけじゃないからね。バカを庶民呼ばわりしている人たちをディスっているだけなので。いつもこういう言説を聞くとムカつくんだよな。受動的であることが良しとされる時代はデフレとともに終わると思うんだが。ここからは変化に対応してサバイブしなければいけない局面だと真剣に思うよ。


人気ブログランキングへ

posted by ぱりてきさす at 22:29| Comment(14) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

いなば食品のタイカレー

今日の相場はとんでもなかったね。UFJとかS高気配だし、その他の銘柄も大GU。全体大商いだけどもなんだか変なんだよな。昨日持ち越した株は全部利食って様子見。金融株を買い直したり、保険株を売ってみたりとガチャガチャ売買したのだけども、どうにも不気味というか不穏というか。債券がCBしちゃっていたこともあって、いろんな需給がぐちゃぐちゃに混ざってしまっているからこういう雰囲気になっていたのかな。なんだかそれだけでは説明が付かない気がするんだよね。コア30以外のシクリカルとかズタボロだったし、とにかく気持ち悪い相場。ぬるぬるの手を背中に入れられてまさぐられるような感覚。今日は凄く悩んだのだけども、ポジションはかなりニュートラルに落とし込んだ。買い遅れ涙目上等で、守備力をできるだけ上げておいた。ほんと、よくわからないけれども不気味なんだよな。

今、僕の周りで大ブームなのがいなば食品のタイカレー。売り切れ店続出でなかなか手に入らないらしいのだけども、ぱりてきショップならいつでも買えるように取りそろえているよ。このタイカレーは安売りしているときは100円で買えてしまうんだけども、もうありえないんだよ。この値段でこのクオリティは許されないレベル。今あちこちでさ、TPPに反対している農家が座り込みとかしてるでしょ。こんなカレーが100円で売られていたら、全国のカレー屋の親父はいなば食品の前で座り込みせざるをえないよ。すべての客を奪われてしまう可能性があるもん。マジでこいつを温めて皿によそってご飯を出すだけで700円は客から取れるクオリティ。アービトラージやりたい放題だよ。このいなばのタイカレーこそが僕がかつてブログ読者に訴えたかった「UMAX」の精神を体現していると言えるのではないか。是非ともこのタイカレーを試して見て、僕とシンクロして欲しい。いろんな味があるんだけども、僕の一押しは黄色のタイプかな。どの色のタイカレーも最高にUMAXなのですべてコンプリートしてくれ。感想を待っているよ。


人気ブログランキングへ

posted by ぱりてきさす at 19:43| Comment(7) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

日銀ファイヤー

日銀砲炸裂。無慈悲にショーター皆殺し。いやあ、久しぶりに凄いのを見たね。日銀政策決定会合だけども、外人に対するわかりやすさが全面に出ているから、これから外人が飛びついて来そうな気がするよ。白川とか緩和発表をしながら「緩和しても意味ないんだよね〜」とか言ってたでしょ。あんなのどう受け取れば良いのかアホの外人には伝わらんでしょうに。それに引き替え黒ちゃんは「はらたいらに全部」だもんね。わかりやすさが違う。僕は発表前に15銘柄ほど成り行き買い注文を作ってスタンバイして、上がりだしたから全発動。でも、想像よりもスピードが遅くて適当利食いをしちゃったよ。これを全部持っておけば最高だったんだけども、後から渋々3分の1ほどを買い直すので精一杯。僕はこないだ連合艦隊ポジを解散させてしまったわけだけども、青い目のバルチック艦隊がもう一度やって来そうなもんだから、再構築していく予定。ポジ総額は前回よりも膨らませないけれどもね。あとは群発地震が起きている箱根山が噴火しませんようにお祈りだな。

なんというか審判のときみたいなものが近づいている予感がするんだよね。この相場で儲けた人はある程度は不動産や外貨や金なんかに資産を振り分けておいた方が良い気がするよ。真剣にいろいろ考え始めた方が良いように思う。

あと、ドコモのiPhoneは外れちゃったね。残念無念。そうそう、今週土曜日に山田さんのラジオにゲストで出るよ。ラジオ内で取り上げて欲しい質問なんかがあれば山田さんのブログのコメント欄に書いておいてね。


人気ブログランキングへ

posted by ぱりてきさす at 21:30| Comment(8) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする